記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

空き家バンクについて県の取り組み

UJIターン者の家探し支援 県と不動産団体包括協定(山口新聞 10/16)

先月周南市などによる空き家情報バンクについて紹介しましたが、空き家バンクへの空き家の登録数が極端に少なく、いまだ使い物にならないのが現状です。
県は、不動産団体の専門的ノウハウを生かして、空き家情報を拡充し、空き家バンク利用者の契約過程を手助けするために、県宅地建物取引業協会や全日本不動産協会県本部と包括協定を結びました。
田舎へ移住して、第二の人生を歩みたいと考えている人は、少しでも自分の理想に近い住環境を求めようとしている人が多いです。また、彼らは研究熱心でもあります。
したがって、多様な選択肢を提供するためにも、まずは空き家件数の増加が求められます。
また、契約トラブルの多発を防ぐために、安心できるシステム作りも欠かせません。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ