記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎市が「コミュニティ税」導入へ

地域活動費確保へ新税 宮崎市が全国初導入へ 「コミュニティ税」納税者1人500円負担(西日本新聞 10/30)

宮崎市がユニークな試みを始めました。「コミュニティ税」の導入です。
平成の大合併で市町村が巨大化する一方で、地域共同体は全国的に存在感が薄れつつあります。その結果として、地域共同体におけるコミュニティ性が失われつつあるのは確かです。
コミュニティ性が失われると、面倒な近所付き合い、あるいは儀式への参加などの拘束がなくなりますが、人間関係が希薄化し、犯罪の増加も指摘されています。
私も、山口の親戚から昔話を聞くたびに、昔は人情味豊かな集いがあったのだなとはっとさせられます。このような集いは一度なくなってしまうと、再び築き上げるのはなかなか難しいものです。
少子高齢化が進み、家族という最小コミュニティですらも分裂しつつある現在、地域コミュニティの存続は不可欠です。現状では、社会から完全に引き離されているお年寄りなどが多すぎるように思います。
ただし、「コミュニティ税」を導入するには多くの課題があるでしょう。「コミュニティ税」を何に使うかは、その地域共同体に任されます。地域共同体は市町村の下部組織でもなんでもなく、自治を確保するべきですが、すべての住民の意見を考慮した、正規の手続きを踏んだ決定が行われない可能性も高いです。税額は一人500円と低いですが、これから何らかのトラブルが起こる可能性はあります。封建的な地域共同体を一層嫌う人が増えるかもしれません。宮崎市のこれからの様子に注目していく必要があります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。