記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

会津若松逍遥3・郡山丸井

さざえ堂

飯盛山のすぐ麓にあるさざえ堂という建物は、階段が二重螺旋になっていて面白かったです。日本建築でもこんなものがあるんだーとびっくりします。

会津若松ではパウダースノーが降っていました。雪をつかんでみると、ふわふわで気持ちいいです。
しかし、路面はつるつるですぐに転んでしまいます。風はビュービュー吹いていて、雪が顔めがけて突進してきますし、数分間外にいると、表情をつくれないくらい顔が冷たくなってしまいます。耳もすぐに真っ赤になってしまいました。
やはり東北の冬の厳しさとは大変なものです。


会津若松から東京に帰る途中、郡山に寄りました。
郡山は福島県で一番大きい都市ですが、駅前の丸井が2月末で閉店するそうです。丸井は人通りの多い駅前一等地にあり、もったいないです。
東京の若者にも人気が根強い丸井がなくなったら、郡山中心市街地の買い物選択肢がずいぶん狭まります。来月からは郡山の人通りも一気に少なくなることでしょう。
郡山ほどの規模の都市でも、中心市街地空洞化がこれだけ進んでいるのですね。中心市街地が寂れると、旅の楽しみも減るのでちょっと残念です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ