記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

南明寺のイトザクラ

早咲きの桜として知られている、萩の南明寺のイトザクラを見てきました。



南明寺のイトザクラは、この地方の言葉で、
「散っちゃあ行っちゃあ見ちゃああっても、咲いちゃあ行っちゃあ見ちゃあない」
(訳:散ってしまったころには行って見ることがあっても、咲いているときには見ることがない)
と歌われるほど、早咲きの桜として知られているのですが、幸運なことに、今年の開花はやや遅かったらしく、ちょうど満開のときに見ることができました。

南明寺のイトザクラ

立派なしだれ桜です。江戸時代のころから萩人に親しまれていたそうで、なるほど、ずいぶん古くて貫禄がありました。
桜の向こう側に指月山が見えるのが良いですね。

写真右下に見えますが、この付近は八朔がたくさん植えられており、5kg500円で販売している民家がありました。




今回は時間がなかったので、このイトザクラを見た後すぐに帰宅してしまいましたが、ここから山の中腹までのぼっていくと、南明寺観音堂があり、萩が一望できるスポットがあるようです。次回にはぜひ行きたいです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ