記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口県若者就職支援センター

就職先決定は2657人 県若者就職支援センター(山口新聞 4/8)


新聞報道によると、2007年度の県若者就職支援センターの利用者は、「延べ利用者は3万3342人」、「1日平均では113.4人」だったということです。


山口県には「仕事がない」というイメージが定着していますが、ここ数年工業が比較的好調だったので、有効求人倍率自体は西日本でも有数に高く、多くの魅力的な仕事があります。
山口に住みたい若者と、優秀な人材を求める企業との間で、思惑が一致するよう、環境がさらに整えられれば、県外への若年人口流出も減るのではないでしょうか。
もちろんこのことで山口の人口問題が根本的に解決されるわけではありませんが、地域のさらなる発展のためには、まず既存産業の維持が不可欠であり、そのために若年労働者は必要とされています。





就職支援センターでは、本年度、子育てを終えた女性の就職支援も積極的になされるようです。


県若者就職支援センター

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。