記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶臼山古墳

白壁の町並みをあとにして、次は茶臼山古墳に向かいました。
茶臼山古墳は全長90mほどの前方後円墳。
明治時代に地元の少年によって発見され、日本最大の大鏡が出土しました。
現在は築造当時の姿に復元されており、公園として開放されています。


遠くからもこの茶色い墳丘がよく見えます。
茶臼山古墳入口


古墳の頂上まで階段があり、のぼることができます。
茶臼山古墳


頂上からは柳井周辺や瀬戸内海を見晴らすことができます。視界を遮るものがなく、いい眺めです。
茶臼山古墳

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。