記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口県の合計特殊出生率が3年連続上昇

県内出生率が3年連続上昇 (NHK山口)


2007年の山口県の合計特殊出生率(一人の女性が一生で産む子供の数の平均)は、1.42で、三年連続の上昇となりました。全国平均の1.34を大きく上回っており、都道府県別に見ても16位でした。

一般的に、大都市がない都道府県の方が合計特殊出生率は高い傾向にあります。
大都市には、いろんなものやサービスが充実していますが、その分、人並み以上の暮らしをしようとすると、お金がかかってしまうのでしょう。
山口にはそういったものが充実していないので、かえってお金がかかりません。その分、教育などに関しては、都会との格差が大きいですが、山口のように豊かな自然の中で養う感性もかけがえのないものだと思います。


山口の合計特殊出生率が高いとは言っても、まだまだ人口維持するためには程遠い出生数です。
さらに、就職・進学で都会へ出て行く人が多く、社会減少が深刻です。
経済規模や生活レベルをある程度維持するためにも、人口減少をもう少し緩やかにする必要があります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。