記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

萩有料道路 11年国体までに無料化

萩有料道路 11年国体までに無料化(山口新聞6/21)


萩市椿と萩市明木を結ぶ「萩有料道路」の早期無料化を、県知事が表明しました。
「萩有料道路」は1992年に開通し、山口市から萩市へのアクセスを飛躍的に向上させました。当初の予定では三十年後の2022年から無料開放をするということだったので、11年までに無料化が行われるとすれば、大幅な前倒しになります。


「萩有料道路」は萩市と山口市を結ぶ最短ルートの一部なので、私も萩に行くときは必ず利用しています。
有料道路をぬけるとすぐ萩のまちなので、有料道路料金は「入萩料(萩に入る入場料)」のようであり、また、料金所も関所のような趣で、良い雰囲気だし、私自身は料金を払うことには大して抵抗がありません。
しかし、有料道路を使わなければ、川沿いを蛇行する道しかないので、付近住民の方には料金の負担が大きいことでしょう。「萩に入る入場料」と考えるとまだ良いですが、地元の方にとっては、「萩から出るための料金」をとられるのはやや不本意でしょう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ