記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

山口県の最高路線価の下落はまだ止まらない?

路線価:県内10年連続マイナス 下落幅4年ぶり拡大(山口新聞 7/2)



山口県内都市別最高路線価の高い順

地点                      H20 H19 H18 H19-H20上昇率
下関市竹崎町4(県道下関停車場線通り)    260 270 280 ▼3.7
岩国市麻里布町2(本通商店街通り)      200 220 245 ▼9.1
山口市小郡黄金町(県道山口阿知須宇部線通り) 190 190 190 0.0
周南市銀座1(銀座通り)           190 205 245 ▼7.3
防府市駅南町(市道大林寺協和線通り)     185 195 205 ▼5.1
宇部市中央町2(平和通り)          125 130 140 ▼3.8
萩市土原(国道191号通り)          89  94 100 ▼5.3
柳井市南町3(国道188号通り)        78  80  83 ▼2.5
光市浅江3(国道188号通り)         74  76 79 ▼2.6
長門市東深川(市道駅南中央線通り)       64  68 72 ▼5.9
山陽小野田市西高泊(国道190号通り)     57  60 65 ▼5.0


http://www.rosenka.nta.go.jp/


新山口駅前を除いて、主要都市中心部の路線価は下落を続けているようです。
周南市銀座通りはおそらく周辺の第二次産業の活発化により、やや下落が落ち着いたようです。
しかし、とうとう周南(徳山)の最高路線価を新山口(小郡)の最高路線価が抜かす時代が来たのですね。同じ新幹線駅で、徳山には商業・工業ともに昔から集積が進んでいた一方で、小郡には特に何もなかったので、なんだか不思議な感じがします。



住所を見てもピンとこないと思うので、以下で簡単に主な最高路線価地点の位置を説明します。

下関:シーモール下関前
岩国:フジグラン前
山口:新山口駅新幹線口
周南:徳山の銀座商店街
防府:サティ前
宇部:宇部中央バス停の近く

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ