記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

周防大島初上陸

先月は角島に行ってきましたが、今月は週末を利用して周防大島に初上陸してきました。

山口の魅力のひとつに、島がたくさんあることがあげられます。島に行くと、本土と違う空気があるように感じられて、日常から開放された気分になるので、旅するにはもってこいではないでしょうか。山口にはいろんな島があるので、これからも少しずつ未踏の島を開拓していきたいと思っています。





では、周防大島について軽く紹介します。

周防大島は、瀬戸内海では淡路島、小豆島についで3番目に大きな島です。小豆島や壱岐とほぼ同じくらいの面積なのですが、一般的な知名度は低いですね。
正式名称は「屋代島」と言うそうですが、山口県東部では「大島」と言う人が多いようです。
(「大島」は全国あちこちにあり、周防大島の全国的な知名度が低い理由は「大島」という名前にもあるかもしれませんが、日本書紀でイザナミが生んだ八島の一つに数えられるほどの重要な島なのです。)


名産品はなんといってもみかんです。典型的な瀬戸内気候で、温暖な気候に恵まれているため、山がちな島内に多い傾斜を利用して、たくさんのみかんが栽培されています。
そのほか、島ならではの郷土料理も数々あるようです。そのうちこのブログでも紹介できたらと思います。

もうひとつ、周防大島の特徴として忘れてはならないことは、高齢化率の高さです。旧東和町は、高齢化率が50%超と全国一でしたが、これらの地域が日本の未来のモデルの1つを提供するかもしれません。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ