記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009正月旅行

この正月は東京から友人が4人も遊びに来てくれたので、県内を案内しながら旅行しました。
県内を案内しながら旅行するのは実は今回が2回目なのです。
前回案内したときは下関→青海島→萩(宿)→秋吉台というルートでしたが、今回は秋吉台→萩(宿)→角島→下関というルートです。


県外からの客に山口の魅力を伝えるうえで、「歴史」「海」「里山風景」の3要素は外せないと思いますが、このルート(秋吉台-萩-角島-下関)はその3要素が凝縮されているため、山口旅行のゴールデンルートと言えると思います。
しかも、このルートはどの季節に行ってもそれなりに魅力があるので、とってもおすすめです。


秋吉台
秋吉台



指月山


角島
冬の角島大橋


下関
関門海峡大橋



このルートの冬の魅力は海産物。特にふく(ふぐ)です!
萩は真フグで有名ですし、下関で食べるならやっぱり天然のトラフグですね!ふく料理の料亭があちこちにあります。
友人たちも本場の味に満足していたようでした。
せっかくふくの本場に住んでいるので、年に1回はふくを堪能したいと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。