記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の山口弁②:「来ちゃった」

「先生が来ちゃった」





みなさんはこの一文を見て、どのような状況を思い浮かべるでしょうか?
東京弁の話者であれば、「先生が来ちゃった」と聞くと即座に「先生が来てしまったkao05」という意味に捉えるでしょう。しかし、山口弁では、「先生が来られた」「先生がいらっしゃった」という敬語表現にもなりうるのです。
「来てしまったkao05」と「来られた」、正反対というわけでもないですが、まるで違う意味ですね。どうして山口弁では「来ちゃった」が「来られた」という敬語表現になるのでしょうか。



実は、「来ちゃった」を「来てしまった」とするのは、もともと東京の方言だったそうです。一方、もともと山口で「来ちゃった」は、すなわち「来なさった」という敬語表現でした。(似たような言葉で、関西弁の「来はった」をイメージすればピンとくるのではないのでしょうか。)
そこへ、東京弁が全国に普及してきたため、山口では2つの意味が混在して使われるようになったのです。



こういう経緯があるものの、はじめて山口に住む東京人にはなんともややこしい表現ですよね!汗;
だって、「先生が来ちゃった!」と誰かが言ったとき、話者が先生に敬意を表しているのか、それとも話者が先生に来てほしくないという気持ちを表しているのか、見分けがつかないのですから。こればっかりは場の空気を読むしかありません。


ただし、「~してしまった」と「~なさった」は完全に意味が違うので、文脈・話者の日ごろの言葉遣い・人間関係を観察すれば、大抵はどちらの意味で使われているのか見分けがつきますグー!
また、使われ方にも若干の違いがあります。以下に例をあげてみます。

①まず、「~なさった」という意味の「~ちゃった」は、昔から使われてきた山口弁なだけあって、東京では使われない山口弁の語彙との相性がよいです。
たとえば、「ちょる」「よる」「おる」。
「しちょっちゃった」「教えよっちゃった」「おっちゃった」などはほぼ100%敬語表現となり、「していらっしゃった」「教えていらっしゃった」「いらっしゃった」という意味になります。

②また、「~してしまった」という意味の「~しちゃった」は、もとは東京弁だっただけあって、東京弁っぽく語尾を上げるイントネーションにすると、敬語表現と区別できることがあります。
たとえば、「やっちゃった?」と訊くとき、「ちゃ」よりも語尾の「た」を上げれば、「やってしまった?」という意味になり、敬語表現には聞こえません。





それでもそれでも。どっちの意味かわからないときがあります。涙
たとえば、
「○○さんが死んじゃった」のような例です。
これも前述の②のように語尾を上げれば、「死んでしまった」の意味になります。
しかし、語尾を下げた場合は、「○○さんがお亡くなりになった」という敬語表現なのか、「○○さんが死んでしまった」という意味なのか、はっきりしないことが多いです。
話者と○○さんの人間関係にもよるのでしょうが、大抵は両方の意味を備えていると考えるのがよいのではないでしょうか。つまり、「○○さんがお亡くなりになってしまった」と。

言葉というのはなかなか一筋縄ではいきませんね。でもだからこそ面白いものです。山口弁もその例に漏れません。星






(「~しちゃった」という表現については本サイトでも簡単に紹介したことがあります)↓
山口県見聞録


今日の山口弁①:「わや」

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。