記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 岩国公演

11月21日、世界的に有名な「チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(通称チェコフィル)」が岩国市のシンフォニア岩国にて演奏会を行いました。
指揮者はヘルベルト・ブロムシュテット、曲目はベートーヴェン交響曲第6番「田園」とドヴォルザーク第9番「新世界より」。

まさか世界のチェコフィルが岩国で聴けるなんて思ってもいませんでしたねー。
夢のような時間でした。


岩国という町は、人口の割に県からの公共投資が受けられない町で、文化施設はほぼ皆無なんですが、唯一立派なのが多目的ホール「シンフォニア岩国」なんです。
しかもこのホール、2006年4月から東京の「サントリーホール」を運営している「サントリーパブリシティサービス」が指定管理者として管理しているため、サントリーホールで演奏するような国内外の一流演奏家がツアーの一環として岩国に来ることが多いようです。
昨年度はヤノフスキ指揮ベルリン放送交響楽団とバイオリン樫本大進が演奏しました。


今回のチェコフィル来日公演は、東京・大阪・名古屋の三大都市圏以外は岩国のみで行われるようで、これだけ多くのプロの方が、広島や福岡をさしおいて(というと表現が悪いですが広島や福岡のついでではなくということです・・)、岩国だけのために演奏に来てくれたと思うと、岩国市民として、山口県民として嬉しい気分になります。

せっかく良いホールと一流の演奏家が来る機会があるのだから、岩国の音楽におけるレベルを向上させ、音楽都市として広島や遠方からの聴衆をひきとめる町にしていきたいものです。

コメント

素晴らしかったですね

広島県西部の住民です。
岩国で開催されると知って鑑賞しました。とても素晴らしい演奏で、昨年岡山であったベルリンフィルよりもいい演奏だったと思います。感動しました。
・地味ながら実力実績十分なドイツ音楽の巨匠のベートーヴェン
・世界の指折りのオケの18番の新世界
それが首都圏の半額のチケットで聞けるとは信じられないコンサートでした。演奏も素晴らしかったですが、ホールの音響も素晴らしかった。シンフォニアがこんないいホールとは知りませんでした。海外オケも結構聞きましたが最高レベルの演奏でした。岩国市に感謝です。

>広島県人さん

コメントありがとうございます。
実は私も昨年ベルリンフィルを兵庫で聴きました。
そのときはA席だったのですが、今回のB席の方がオケからはるかに近く、聴き応えがありました。こんなにコストパフォーマンスがいい演奏会は私にとっても初めてじゃないかと思いました。
ぜひまた機会があったら岩国にお越しください!

脱線します

>岩国という町は、人口の割に県からの公共投資が受けられない町で…

僕の住む周南市もそうです。
税収も県内トップなのに…です。

”コンビナート地域からの税収で、産業の無い県都の整備をする”という思惑があるのですが、
この点に関し、県はこじつけたデータを示し、苦しい説明をしています。

県を牽引できない都市が優遇され、牽引できる都市が冷遇される。
この点が改善しない限り、山口県の衰退の一途でしょう。

県の視点で見ると、
そうせねばならない黒い仕組みがあるので、仕方無いのですが…

音楽と関係の無い話題で、失礼しました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。