記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

今日の山口弁⑤:「ちょる」と「よる」の使い分け

山口弁の文法体系はいくつかの点で標準語と異なっていますが、その中でも山口県で暮らすならば必ずマスターしないといけないのが、「ちょる」と「よる」の違いです。

「~ちょる」も「~よる」も標準語にすれば「~ている」となりますが、文法的には「~ちょる」は完了形であるのに対し、「~よる」は進行形なのです。



用例を交えて見ていきましょう。
「葉っぱが落ちちょる」
葉っぱが地面にぴたっと落ちている状態を指します。
英語にすると"A leaf has fallen."


「葉っぱが落ちよる」
葉っぱがひらひらと落ちようとしている状態を指します。
英語にすると"A leaf is falling."



完了形と進行形を区別できるのは、中国地方の方言の便利な特徴なんですが、これらを区別しない標準語話者が使いこなせるようになるには、ちょっとだけ時間がかかりますね。



では応用問題です。次の山口弁の問いかけに対して、どのように答えますか。
「来よる?はぁ来ちょる?」(=「今向かって来てる?それとももう来てる?」)





こういう問いかけに対して、「来てる」というあいまいな標準語を使って答えると、せっかちな山口県人に、「来ちょるのか来よるのかはっきりせえ」と言われてしまいますよ

今日の山口弁④:「はぁ?」
今日の山口弁③:「じゃけえ」
今日の山口弁②:「来ちゃった」
今日の山口弁①:「わや」

コメント

はじめまして。
岩国生まれ、現在は下関在住の千晶と申します。
今日の山口弁、なるほど!!と読まさせていただきました。
普通に使っていると深くは考えないので、あらためて意味を知った気持ちです。

県外に住んでいるときは(広島は大丈夫でしたが)、きちゃった・しちゃった・やっちゃった系は気をつけてました(笑)
思い出すのは、学生のとき愛媛出身の友達に「私がしよるけぇ、行っちょって」が通じなかったことです。
四国じゃし大丈夫じゃろー、と当時思ったんですが…

ホント離れてみると色々客観的に考えられますよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ