記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

Iターンのすすめ①

山口に移住してから3年半がたちましたが、都会から地方へのIターンしたことは、今の自分にとってかけがえのない財産になっています。
そこで、今日から3回にわたって「Iターンのすすめ」と題した連載形式の記事で、多くの方にその経験をフィードバックできたらなと考えています。
1回目の今日は、なぜ都会出身者が、一度地方に住んでみるべきなのか4つの理由をあげて説明してみたいと思います。




理由① 個人としてのアイデンティティを回復することができる

東京などのターミナル駅は無数にいるんじゃないかと思えてくるような人で埋め尽くされていますが、誰一人として知り合いに出くわすことはありません。学校や会社などでどんなに知り合いが増えても、一千万人という東京の人口のうちのほんの僅かです。そんな人混みの中に紛れていると、自分って何なんだろうって思えることがあります。
また、東京ではどんなにマニアックなことであっても、自分より優れている人がたくさんいます。そうやって競い合っていけるのがいいところなのですが、中には自分の存在意義に悩む人が出てくるかもしれません。


一方、地方だったらしばらく同じ場所に暮していれば町中知り合いばかりになりますし、ちょっと特殊な技能があればすごく重宝され、自分の存在意義なんかで悩むのが馬鹿らしくなります。


地方での生活を経験した後、再び東京に戻ってくるとしても、「第二の故郷」というアイデンティティーがあるかないかでは、精神的な面で大きな違いがあると思います。



理由② 人間的なバランスの良さを追求することができる

都会では分業化・専門化が高度に進み、自分の専門分野だけを追求していればよいようなところもあります。

一方、地方では基本的に経済活動を担う人が不足しているので、一人何役もこなさなければなりません。そのためには特殊な技能があるだけでは駄目で、色んな事がバランスよくできなければいけません。地方で、色んな事に首をつっこんでいけば、人間としてのバランスが相当鍛えられます。



理由③ ハングリー精神を身につけることができる

都会ではモノも情報も氾濫し、つい受動的な人間になってしまいがちです。

一方、地方ではそうしたものが不足している(ハングリーな状態である)ので、自分がほしいモノや情報を積極的に選択していく人間になりやすいと思います。



理由④ 地方の暮らしを知ることができる

日本の人口の半分は三大都市圏以外の地方に分散していますが、地方での暮らしは在京メディアなどで取り上げられることがほとんどないため、実感としてなかなか分かりにくいものです。東京などでは、地方よりはむしろ香港とかニューヨークとか、海外の大都市での生活の方が連想しやすいという人もいるかもしれません。

どういう人々が地方に住んでいて、どうやって生計を立て、都会とどう異なるのか、ということを知ることが、日本のもう半分のことを知ることにつながります。




以上、4つの理由をあげてみましたが、これらのことは地方に永住しなくても、ほんの2~3年住んでみるだけで体験できることです。
地方にいきなりIターンするのは非常に大きなリスクがあり、容易に決心できるようなことではありません。しかし、進学・転勤などで、はじめて地方に引っ越すという選択肢をためらっている方がいらっしゃれば、ぜひ参考にしていただきたいと思います。






次回の「Iターンのすすめ②」では、Iターン先についての考察をしていきたいと思います。

コメント

安心しました

初めまして。以前よりこのブログに大きな関心を寄せている者です。

長い都会暮らしの中、地方、田舎への憧れを抱くだけに留まらずに終の棲家にまで選んでしまった貴方の行動力と勇気を尊敬するとともに、自分の故郷である山口県をその場に選んでくださったことを心から喜び見守っています。
山口県の人、特に若い人は自分の故郷に自信を持てていない人が多い気がするので、このブログがもっと多くの目に触れてもらえるようになればと願っています。


現在はまた東京に戻られているようですが、山口への想いは健在のようで安心しました。
実際に山口に住んでみられて、都会暮らしの頃に憧れていた理想と、現実とのギャップに悩まれているんじゃないか、せっかく良い記事をたくさん書かれているのにブログへのコメントがなかなかなくて意気消沈されているんじゃないか、などとそろそろ山口に失望されているのではないかと老婆心ながら心配していましたので…笑


また東京でたくさん刺激を受けて、離れたところで山口を見つめて、新たな気持ちで帰ってきてくださいね。
これからも、コメントはなかなか出来ないかもしれませんが、更新楽しみにしています。失礼しました。

志貴さん、コメントありがとうございます。

なかなか更新が滞りがちなブログですが、継続的に応援してくださっている方がいらっしゃって、とっても幸せだなと思います。

相当下調べしてから山口県にIターンしたので、失望したりということはないんですが、やっぱり人と違う生き方をすると、他人には分からない悩みもあるんですよね。東京に一時的に戻ってきて、昔と同じように満ち足りた平凡な都会生活を送ってると、こっちの方が楽だったなと思ったりもします。ただ、そういう意味での楽な生き方は自分が求めてるものではないんだろうとも思ってます。
今後ともどうぞ宜しくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ