記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下関駅にぎわいプロジェクト

下関駅の改修工事がスタートしました。昭和の空気が懐かしい名店街が閉鎖され、なんとなく寂しいと感じられている方も多いのではないでしょうか。



さて、2013年末開業予定の新しい駅ビルの全容もだいぶ見えてきまして、先日3月26日には下関市がホームページ上に新駅ビルの外観をアップロードしました。
下関駅にぎわいプロジェクト(下関市ホームページ)でご確認ください。



これまで絵に描かれてきたもの(21階建てのビルだとか、「海や歴史」をイメージしたものだとか)とはかなり違いますが、すっきりしたデザインの中に下関駅らしい三角形の形が印象的で、少し安心しました。今まで使い勝手が悪かったピンク色の広大な人工地盤も、今度こそ駅から直結し、シーモール、海峡メッセ、下関港国際ターミナル、デオデオなどへ向かう人たちで賑わう駅前広場として真価を発揮するといいですね。




下関駅がようやく現実的なものになりつつある一方、同じように長く議論が続いている唐戸地区あるかぽーとは「大観覧車中心の遊園地」という夢のような計画が急浮上しています。2012年3月23日山口新聞によると、下関市が22日アミューズメント施設開発事業予定者として大阪の泉陽興業株式会社を選定したとのことです。着々と工事が進む下関駅を尻目に、何やら怪しげな(?)あるかぽーとの進捗も気にしていきたいと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。