記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

十朋亭

山口市内、大殿大路にある「十朋亭」に行ってきました。



大殿大路はその名の通り、室町時代大内氏の殿様館の真前を通る道ですが、幕末には維新の志士たちが通るようになります。

ここ十朋亭は、その大殿大路から少し中に入った場所にあり、長州藩士の宿泊所として利用されました。

桂小五郎、久坂玄瑞、山縣有朋らが利用したほか、四国艦隊による下関砲撃時には、英国から帰国したばかりの伊藤博文・井上馨も立ち寄ったそうです。


P9292152.jpg



何の変哲もない和室二間の平屋ですし、通りにも面しておらず、何も言われなければ気付かないような場所です。

松下村塾もそうですが、こういう質素な環境の中で様々な知恵や人脈が生まれ、日本の歴史をダイナミックに変えたということが、幕末山口の歴史の奥深さを語っていると思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ