記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

下関新駅舎

下関新駅舎の図案がシーモールに掲載されていたらしいです。
図案は三つあって、一つは「海を表現する青いトーンの壁面」、一つは「旧下関英国領事館風の歴史を感じさせるレトロ調」一つは「青い壁面とレトロ調の融合」。
この前もブログで触れましたが、下関駅前の景観はかなり劣悪なんです。ピンクいろの人工地盤、ごちゃごちゃとした雑居ビル、洋風をまねた大結婚式場、特異な形のタワー・・・。
この中に、どのデザインの駅ビルができても、大して変わらないんだろうな、とは思いますが。
まあでも、僕は写真を見る限り、あの中では「レトロ調」が良いんじゃないかと思いました。

新図案とともに、昔の駅周辺の写真もあったようですが、昔は駅周辺というものは風格があって、きれいだったんだなぁ、と思いました。景観を無視してきた戦後の日本の都市開発の様子が一目瞭然ですね・・・。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

下関駅の歴史

 ちょっと前にシーモールで、旧下関駅の歴史と、新しく建てる下関駅の構想図のパネル展示をやってたので、写真に撮っておきました{/kaeru_en4/} 新しい構想図は、また次回のお楽しみ。 「馬関駅(昭和11年) 当時、「日本の玄関」といわれた。左は下関警察署と鉄道旅

下関駅構想図

 だいぶ前に「下関駅の歴史と下関駅にぎわいプロジェクトにおける駅周辺のイメージ」として、昔の写真と今から建てるであろう下関駅の新しいイメージパネルが、シーモールに展示されてました。 今日は、その今から建てられる下関駅のイメージ図です{/kaeru_en4/}(下関駅

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ