記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梶栗駅申請

JR西、「梶栗駅」国交省に申請、08年度開設めざす(山口新聞)

和木駅に続いて、新駅ラッシュです。
梶栗駅というのは、JR山陰線の綾羅木駅と安岡駅の間にできるようです。のぼりくだりあわせて一日55本しかないようなので(つまり一時間に一二本)、そんなところで駅を増やして採算が取れるのだろうかと気になりましたが、考えてみれば山陰線なら一駅増やしたところでそんなに費用もかからなさそうですね。ホームと歩道橋のようなものを設置すればいいわけですから・・。総事業費5.6億円らしいです。

下関市は、他にも、山の田駅構想があり、こちらのほうが需要が見込めますが、梶栗駅のほうが設置が容易だから先に決まった、という形なのでしょうか。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。