記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下関駅無差別殺傷民事訴訟

「JRに責任なし」確定 下関駅無差別殺傷で最高裁(共同通信 1/25)


被害者側は、おそらく他にめぼしい損害賠償請求先がなかったので、JRに損害賠償を請求したのでしょう。
しかし、最高裁の判決どおり、現状では、JRの損害賠償責任を認めるのはやはり不可能だと思います。まさか下関駅でここまで凄惨な事件が起こるとは誰も予想していなかったでしょうし、駅員もパニックに陥ったでしょうし、警察官のように身を張ってきびきびと対応することは到底のぞめなかったでしょうから。
「一鉄道会社にそこまでの責任は認められない」というのが、現行法上妥当で公平な判断なのでしょう。
いいかえれば、一鉄道会社に責任を認めるには、この事件が凄惨すぎるのです。
 
しかし、だからといってJR西日本を擁護するわけではありません。
その数年後には、火災で駅舎が全焼しました。
いくら下関が田舎の地方都市だとしても、中心駅というものは、多くの人が集まり、都市の象徴ともいえるものです。
こんなに悲惨な事件があっただけでも、市民にとってショックは大きく、駅がいかに大切なものなのか気づくはずです。それなのに、たいした防火設備も施さずに放置とはどういうことでしょうか。たまたま被害者がいなかったのでまだよかったですが・・・。
 
いくら資金繰りが大変であっても、影響力の大きい企業というものは特に、「守るべきこと」はしっかりと守り、「自負すべきこと」は自負しなければなりません。
錦川鉄道をのぞいて、ほかに鉄道会社のない山口県において、JR西の影響力はものすごいものです。これからは、そのことを自負した経営を目指してほしいものです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

まにあ

錦川鉄道錦川鉄道(にしきがわてつどう)は、山口県で旧国鉄特定地方交通線の岩日線を転換した鉄道路線錦川鉄道錦川清流線|錦川清流線を運営している山口県や岩国市などが出資する第三セクター方式の鉄道会社である。本社は山口県玖珂郡錦町 (山口県)|錦町大字広瀬7873番地9

まにあ

錦川鉄道錦川鉄道(にしきがわてつどう)は、山口県で旧国鉄特定地方交通線の岩日線を転換した鉄道路線錦川鉄道錦川清流線|錦川清流線を運営している山口県や岩国市などが出資する第三セクター方式の鉄道会社である。本社は山口県玖珂郡錦町 (山口県)|錦町大字広瀬7873番地9

まにあ

錦川鉄道錦川鉄道(にしきがわてつどう)は、山口県で旧国鉄特定地方交通線の岩日線を転換した鉄道路線錦川鉄道錦川清流線|錦川清流線を運営している山口県や岩国市などが出資する第三セクター方式の鉄道会社である。本社は山口県玖珂郡錦町 (山口県)|錦町大字広瀬7873番地9

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。