記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

ロックタウン周南

ロック開発㈱、大型SC「ロックタウン周南」来年5月オープン
「ロックシティ防府」に続く大型SC、中心商店街への影響必至(防長経済オンライン5/17)



新南陽のキリンビール跡地に、ロック開発が大型ショッピングセンターを建てることを決めました。「県内のショッピングセンターとしては2番目となる」ということです。県内一大きいのが下関のシーモールなので、防府のロックタウンや下松の「ザ・モール周南」よりも大きいものができるようです。(追記:店舗面積はザ・モール周南より一回りだけ小さくなりそうです)

すると徳山中心街は、西にロックタウン、東にザ・モール周南という強敵に挟まれて、ますます衰退するのが容易に想像できます。
地域コミュニティが失われ、ますます車社会になり、環境破壊が進むのでしょうか?徳山駅前は宇部新川周辺のようにシャッターだらけで、人がほとんどいないような町になってしまうのでしょうか?

もちろん大きなショッピングセンターは駐車場代がかからず、なんでもそろうので便利です。そして、ショッピングセンターができることで、周南市の生活環境も改善します。周辺経済も活性化するでしょう。

しかし、それによって、周南市の貴重な財産ともいえる徳山中心街が、破滅してしまうのならば、なんとももったいないことです。徳山中心街は、駅を中心にできあがった、西日本有数の計画都市です。二階建ての商店街は、全国にほとんどないし、御幸通りのような大胆な中心道路もなかなかありません。地図を見ても、左右対称や直交道路の多い、美しい街区割りです。
この都市インフラを利用しないということは、それだけ余分にコストや無駄がかかるということを意味すると思います。



<追記>
ロックシティ防府についてはこちら

コメント

はじめまして

 はじめまして。のりりんと申します。「山口県民の県民性」で検索したらこちらのHPが出てきました。それで楽しく拝見させて頂きました。よろしくお願いします。

のりりんさん、はじめまして。
コメントどうもありがとうございます!

山口県の県民性については有意義な情報が少なくて申し訳ありません。
山口県の県民性について、何か説得力のある情報を入手したら、いつかここで公開したいと思います。

はじめまして。
「ロックシティ防府」で検索をしていて、たどり着きました。
ですが、周南市民です…

公の場で堂々と書くわけにもいきませんので、表現を控えさせてもらいますが…
多くの人が「これができたから徳山商店街がダメになった」と思っているであろう某郊外型大型ショッピングセンター、経営は…なようです。

数ヶ月前になると思いますが、一般市民は預金できない某金融機関が興味深い統計を出しました。山口県民が稼いだお金のほとんどが県外に流出しているというものです。

そこから考えるに…
徳山商店街は郊外店に客を取られたのではなく、広島市中心部に取られたという可能性が大きいようなのです。

よく見ていると、週末の広島行き・福岡行きの高速バスは、買物へ出かける人で満員です。

「山口県民が稼いだお金のほとんどが県外に流出している」という統計を見ていないので、あまり断定的なことはいえないのですが、少なくとも日用品の買い物に関しては、徳山商店街は郊外のショッピングセンターに客を奪われたのではないかと思います。一方、趣味に関する買い物は、多くの周南市民が徳山では満足できず、おっしゃるとおり広島や福岡に流れているのが実情でしょう。

この問題は非常に複雑な問題で、現在行政がやっているような、郊外型ショッピングセンターの立地規制や商店街への補助金交付で解決されるような問題ではなく、市民・商店街・行政が一体となって商店街のあり方を考えてはじめて前進するのだろうと思います。

広島や郊外型SCにはない長所を生かしたまちづくりを考えていきたいものです。

徳山商店街に足りないのは「回遊性」だと思います。
しかし、核が近鉄松下だけになってしまった今となっては、例え回遊性を高めたとしても、難しいでしょう。

新聞記事等を読んでいても、商店街が車社会に(悪い意味で)適応しようとしています。車に対する認識を変えない限り、難しいだろうと思っています。

また、郊外型店舗の規制は無視できないと思います。
都市計画の先進地域であるヨーロッパでは、郊外への立地そのものが禁止になっている国は珍しくないからです。

核が近鉄松下しかないのは使い勝手が悪いですね。
特に男性用の服飾なんかは、近鉄松下になければほぼあきらめるしかないのは残念です。同じ山口県でも山口商店街ならまだ探し甲斐が少しだけあるものですが。

郊外型店舗の規制はぜひ検討すべきですが、中心部に魅力的な店舗が少なくなってしまった現状で、単に規制をかけても、商業が衰退し周南地区がますます住みにくくなる一方でしょう。

衣料品については…
オシャレな人・若い人は、始めから(地元を見て回らずに)広島市中心部の大型店へ行く人が多いみたいです。

具体的に書けないのですが…
近鉄松下は一般客以外からの売上が多くを占めているらしく、「来店客の需要に細かく応えている」という感じはありません。

その点が、御指摘の山口市のちまきやとの違いとなって表れているのだと思います。

周南の中心商店街に復活を求めているのは、店主と政治家だけではないでしょうか。
少なくとも周南市民は、買いたいものを考えたとき、昔(topos,
ニチイがあった時代)のように中心商店街に買いに行こうなんておもいませんね。
その商店街には買いたいものがない。
話に聞くのは、店主の応対もよくないらしい。
車でいけるところに、魅力的なお店があれば、いくはず。
中心商店街でなく、別の近隣のところにあれば、そこにいくだけのこと。
ロックタウン周南に期待はするが、外圧で規模縮小になるとこれまた買いたいものがない。中国地方初、県内初のお店を誘致しないと、目が向かない。

アウトレットモールとかの発想もないし。。。

ロックタウンで検索していると見つけました。

商店街というのは一連の店の繋がりでモールのような一体感を出しているのですが徳山の場合アーケードを高くして道路を広くした頃から急激に衰退していったように思います。屋根を高くしたことで今まで見えなかった汚い部分が露出し全体として機能していた街が個々の店に分離してしまいました。PH通りも平面的な計画しかされておらず専門のランドスケープアーキテクトに依頼しなかったのが後々の維持管理に問題を残す結果となったように思います。日本の場合は予算をプログラム面に殆ど割り当てないのも大きな問題です。結果として使い道のはっきりしないものが利用方法もはっきり提示されないまま沢山できる事になります。

郊外の大型ショッピングセンターというと米国が本場ですが米国でも大型ショッピングセンターが流行り始めた頃から旧市街部は衰退し、やはり最終的には壊滅的な状況にまで追い込まれました、そして価値が殆ど無くなった所で大型の都市開発会社が区画土地を買い上げ、丸ごと再開発するというのが定番です。このままでは徳山でも同じような事が起こります。

コメントありがとうございます。お返事遅れて申し訳ありません。

私は昔の徳山についてよく知らないので、大変参考になります。昔はアーケードが低かったのですね。
日本の都市インフラは、個々としては立派なものができても、全体として有機的に機能しないような構造のものが多いのが問題だと思います。
徳山にかつてのにぎわいを取り戻すのはほぼ不可能だとしても、住民に便利な機能的な街を目指してほしいものです。

今日はロックシティー防府帰りにロックタウン周南のそばを通ってみると、ヤマダ電器の看板があがってました。
外から見るとかなり大きそうに見えましたが。
所詮、アフターサービスの悪さは№1です。

まあ、大型商品は買う気もありませんから。

当初の発表よりも大きいものができるようですね。
競争が激しくなって、この一帯の各家電量販店の動きが活発になるのでしょう。

1主婦の意見です

結局、周南ロックタウンは、どのくらいの面積になるのでしょうか?ザ・モール周南よりも小さくなるのでしょうか?
徳山の商店街や、お店は、他の大型ショッピングセンターにはない、いいものを売っているとは思いますが、このままでは、とても活性化の道は難しいと思います。やはり、これからも車社会はくつがえすことはできないし、市政として安価、無料の、広大かつ幾数もの駐車場敷地を置くのが一番早い活性化につながる道だと思います。そのためには、思い切った土地区画整理など実行するのが唯一の道ではないかと、思っています。素人ですが、15年ぶりに周南に引っ越してきた北九州市出身の1主婦の意見です。徳山市街の活性化を個人的にも期待しています。

県への届け出では、店舗面積は27,000㎡となっています。おそらく店舗面積自体はそれほど変動がないと思います。
とすると店舗面積で言うとザ・モールより一回り小さいようです。商業施設全体の面積については、まだよくわかりません。

今の時代、中心市街に無料の大きな駐車場は必須ですよね。廃墟になる前に、公共交通の便利な中心市街をなんとかして有効活用してほしいです。
貴重なご意見ありがとうございました。

徳山商店街の店主の対応・・・微妙ですね。
客が黙っていても来ていた20年前から
思考が止まった感じです。

地道に特色や、イメージ作り、接客、商品展開の改善に
取り組むしかないでしょう。
公費で箱物を作っても、きららみたいに赤字の垂れ流し
が関の山なのでソフト面で試行錯誤するしかない。

しかし、ツリー祭りはもうリニューアルした方がいい。
街路樹の間隔が広すぎて、ツリーが連なる感覚がない。
今年は0系の引退があり、来年度で500系はこだまにと
JR系のイベントとタイアップするキッカケもあった。
廃車予定の車両の展示などしても良かったように思う。

”変化”

初めに訂正させていただくと、ロックシティは西でザモール周南は東ですね。

郊外型大規模ショッピングセンターができたおかげで商店街が衰退…なんて話、よく耳にしますね。
しかし、便利な所に人が集まるのは当たり前であって、商店街が何の努力もせずにショッピングセンターのせいにし続けるのは間違いだと思います。

なぜ徳山の商店街が衰退したかといいますと、

①大都会でもないのに買い物の度に駐車料金を取られるのは
 如何なものかと。

②センスの悪い店がちらほら。

③若者向けをはじめとするブランド店が少ない。

④核店舗が無い。

大体商店街にパチンコ店がのさばっていること自体、不快です。

そこで私が以前より温めている案があります。
まず駅周辺の商店街を全部つぶします。そしてそこに大規模なデパートなりショッピングセンターなり建てるのです。
そして半分は有名ブランド店を招致、半分は地元商店が専門店として出店すれば問題ないのでは?概案ですが…。
もちろん地元商店は流行を取り入れるなどして品揃えを一新してもっと経営努力を。

地元商店の店主は”変化”を恐れているのです。しかし現状の封建的な経営を続けている限りは何も変わらない、いいえ、衰退の一途を辿るばかりでしょう。

まあ中にはサンドウィッチの美味しい喫茶店やノーブランドでもセンスのいい洋服屋はあるので、頑張ってほしいです。

私はこの街、嫌いじゃないので。





Re: ”変化”

たけのこさん、訂正ありがとうございます。おかしいこと書いてましたね(^^;;)

全部リニューアルする案に期待を寄せる方は周南市民の方にも多いでしょうね。
徳山駅ビル建替さえもが白紙になった今、なかなか難しいでしょうが・・・。
経営努力についても、一番の理由は競争が適切に行われなかったことだと思います。いろんな原因で、新規に参入するお店が少なかったり、魅力のある店が撤退したり・・・。
どこの町もそういう傾向はありますが、徳山はそれが特に激しいようです。
市民として、店主として、行政として、それぞれが自分の立場でできることを考える必要があります。
一市民としても、たけのこさんのように、好きなお店があればきちんと通い、それをまわりにもPRしたりして、いいものに対する需要を喚起することはできるはずです。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

周南市にロックタウンが出来るかも。

今月に入って、周南市内に飛び込んできたニュースがあります。各地でショッピングモールを作っているロックタウン(LOCタウン)が、周南市内(旧新南陽市)のキリン製ビン工場の跡地(いまは広大な空き地になっている)に進出する申請を市に出したというニュースです。キリ

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ