記事一覧

        

今日の山口弁

赤瓦の街並みを求めて

Iターンの軌跡

地域別アーカイブ

English

スポンサードリンク

角島自然交流会

夏のごみ散乱 角島、自然交流会が清掃(山口新聞9/9)

県は県内の自然保護のために、「リレーミーティング」を毎年各地で開催しています。
(http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/200708/007822.html)
やまぐち自然共生ネットワーク→http://www.gotjp.com/yama-kyou/

今年は、8日・9日に、角島で開催されました。浜辺のごみ掃除なども行われたようです。角島大橋の開通以降、角島は突然交通の便がよくなり、観光客が急増しましたが、やはりその分観光客が落としていくごみが急増したそうです。
あの辺はさまざまな漂流物が流れ着くところなので、観光客の落とすごみ以外にもキリはありませんが、角島の景色をもっと美しくしようと、こうやって清掃する方々がいらっしゃるということです。
観光客の多い角島のような絶景を見るときは、ぜひそのことを心の留めておきたいと思います。

角島でなくても、山口県は、交通量の多い郊外の道路沿いなど、ポイ捨てされたごみが目立つところがあったりしますが、何年もその場で風にさらされ続けるということ、または拾って代わりに捨てる方がいらっしゃるということを、ポイ捨てをする人がなぜ想像できないのでしょうか・・・それはおいといて、私自身も、人にまかせるだけでなく、ボランティアでごみを拾っていかないと、と思わされました。

コメント

角島大橋が開通した直後には問題もありました。
離島だった為、島民の方には防犯意識が(本土の人ほど)ありませんでした。それをいい事に、非島民による窃盗等が多発したそうです。

以前から思っていたのですが…
角島には観光客がお金を落す施設がほとんどありません。
(最近行っていないので、その後できていたら違ってきますが…)
ゴミが増えるだけで、島への経済効果は少ないような気がします。

私が角島に行った時にも、ソフトクリームぐらいしか買わなかったような気がします。その上通行料も無料だし・・
交通不便な離島が、突然本土とつながったということは、私たちには想像できないような衝撃だったんでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

suhobei

Author:suhobei
関東・関西で育ったものの、高校のころから両親の実家がある山口県に興味を持つようになり、2008年3月大学卒業をきっかけに山口県にIターン。他県出身者にしか分からない山口県の魅力、移住して良かったこと・苦労したことなどを中心に、山口県の話題を発信していきます!

ブログ内検索

リンク

ブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ